PNHについて

発作性夜間ヘモグロビン尿症(PNH):進行性で破壊的な生命にかかわる疾患1

発作性夜間ヘモグロビン尿症(paroxysmal nocturnal hemoglobinuria: PNH)は造血幹細胞疾患であり、ホスファチジルイノシトールグリカン クラスA(PIG-A遺伝子)の後天的突然変異によって発症します。このPNHの骨髄クローンに由来するすべての細胞株では、鍵となる天然の終末補体制御因子が細胞表面で欠損しています。そのため、終末補体複合体(terminal complement complex: TCC)[別名C5b-9または膜侵襲複合体(membrane attack complex: MAC)]による絶え間ない攻撃や溶解を受けやすくなります。その結果、慢性的な血管内溶血が生じ、生命を脅かすのです2

PNHは、血栓症や臓器障害、QOL低下を引き起こし、患者さんの生命にかかわる進行性の疾患です(海外データ)

  • 主な死亡原因は腎不全と血栓症です6,8
  • 日本人PNH患者さんの約5人に1人は、診断されてから10年以内に死亡しています8
    ― 日本と欧米におけるPNH 患者集団の生存率曲線は、類似しています。
  • PNHはどの年代でも診断されますが、診断時年齢の中央値は30代前半でした(海外データ)4
  • PNH発症後、診断までに、通常1~10年以上かかるといわれています3

PNHは補体介在性溶血を特徴とする疾患です

  • 補体が活性化されて、迅速な一次免疫反応が起きます13
  • この補体カスケードが十分に制御されなくなると、きわめて破壊的な影響が生じる可能性があります13
  • PNHでは、補体制御因子が欠損しているため、補体活性化の制御不良が慢性化し、やがて慢性的な血管内溶血に加え顆粒球や血小板の活性化が起こります6-10,14

PNHに対する治療の変遷

これまで、PNHに対する治療選択肢はほとんどありませんでした。緩和的治療として、輸血をはじめ、コルチコステロイド、抗凝固薬、アンドロゲン療法、葉酸や鉄分などの補充、骨髄移植などがあげられますが、PNH患者さんの死亡率は、こうした支持療法の選択肢があっても高くなっています。PNHの病態生理における補体の役割が解明されたことで、PNH患者さんの治療に大きな進歩が認められました4,5

PNH患者さんの適切な治療と長期予後のためには早期診断が重要です。ICCSや複数の専門家の推奨するPNHの検査法はこちらから確認できます。

担当されている PNH 患者さんに対する診察(臨床評価)が重要であることを認識していただくために、「早期死亡リスクの臨床評価」を ダウンロードしてください。

References: 1. Rother RP, Bell L, Hillmen P, et al. JAMA. 2005;293:1653-1662. 2. Brodsky RA. Paroxysmal nocturnal hemoglobinuria. In: Hoffman R, Benz EJ Jr, Shattil SJ, et al,eds. Hematology: Basic Principles and Practice. 4th ed. Philadelphia, PA: Elsevier Churchill Livingstone, 2005:419-427. 3. Rother RP, Rollins SA, Mojcik CF, et al. Discovery and development of the complement inhibitor eculizumab for the treatment of paroxysmal nocturnal hemoglobinuria.Nat Biotechnol. 2007;25:1256-1264. [Published correction appears in Nat Biotechnol. 2007;25:1488]. 4. Hillmen P, Lewis SM, Bessler M, et al. Natural history of paroxysmal nocturnal hemoglobinuria. N Engl J Med. 1995;333:1253-1258. 5. Socie G, Mary J-Y, de Gramont A, et al; for the French Society of Haematology. Paroxysmal nocturnal haemoglobinuria: long-term follow-up and prognostic factors. Lancet. 1996;348:573-577. 6. Nishimura J-I, Kanakura Y, Ware RE, et al. Clinical course and flow cytometric analysis of paroxysmal nocturnal hemoglobinuria in the United States and Japan. Medicine. 2004;83:193-207. 7. Dacie JV, Lewis SM. Paroxysmal nocturnal haemoglobinuria: clinical manifestations, haematology, and nature of the disease. Ser Haematol. 1972;5:3-23. 8. Walport MJ. Complement. Second of two parts.N Engl J Med. 2001;344:1140-1144. 9. Noris M, Remuzzi G. N Engl J Med. 2009;361:1676-1687. 10. Rosse WF, Hillmen P, Schreiber AD. Hematology Am Soc Hematol Educ Program. 2004:48-62. 11. Ricklin D, Lambris JD. Nat Biotechnol. 2007;25:1265-1275. 12. Lee JW, Jang JH, Lee JH, et al. Haematologica.2010;95(s2):205-206. 13. Bessler M, Schrezenmeier H, Maciejewski JP, et al. Blood. 2007;110: Abstract 840. 14. Rother RP, Bell L, Hillmen P, et al .JAMA. 2005;293:1653-1662. 15. Parker C, Omine M, Richards S, et al; for International PNH Interest Group. Blood.2005;106:3699-3709. 16. Hill A, Kelly R, Hillmen P. Blood. 2013;121:4985-4996.