担当医師との対話

担当医師と会話することから始めましょう

担当医師との対話の仕方がわかると、PNH制御タンパクを欠いた赤血球が作られる病気。そのため、赤血球は破裂して(溶血)、深刻な健康問題を招きます。徴候や症状としては、腹痛、嚥下困難(ものを飲み込みにくいこと)、貧血、息切れ、疲労があります。PNHの致死的合併症としては、血栓、腎不全、臓器障害などがあります。 を経過観察することが容易になります。PNHコントロールの成功は、担当医師との会話から始まります。必ずすべてをお話しください。

  • たとえ、自分では PNHとは関係ないと思っていても、すべての症状を担当医師に伝えましょう
  • それらの症状がいつから始まり、どれぐらいの頻度で起こるかを担当医師に伝えましょう
  • それらの症状が身体のどこで感じられるのかを担当医師に伝えましょう
  • それらの症状がどの程度悪くなっているのかを担当医師に説明しましょう

PNHの徴候・症状がどのように現れるかを理解することも大切です。PNHについて多くのことを理解することで、この病気をより良くコントロールできるようになります。

PNHの患者さんが最初に知りたい情報を得るために役立つ質問を、次に示します:

  • PNHとはどのような病気ですか?
  • PNHの根底にある原因は何ですか?
  • PNHはどのようにして診断されるのですか?
  • PNHはどのように経過観察するのですか/どのような検査をしますか?

点線で下線を引いた言葉をマウスオーバーすると、その言葉の説明が表示されます。

あなたは現在アレクシオンファーマの医薬品でPNHの治療を受けている患者様や介護者様あるいはPNHの治療を予定している患者様もしくは介護者様ですか?

あなたが処方されている、または処方予定のアレクシオンファーマの医薬品を選択してください

ユルトミリス®を処方されている方

ソリリス®を処方されている方